旨い!青海白峰・袋吊り大吟醸(赤紐・青紐 2種類あり)

旨い!青海白峰・袋吊り大吟醸(赤紐・青紐 2種類あり)

販売価格: 5,000円(税別)

(税込: 5,500円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

種類、容量をお選びください:
数量:

商品詳細

〜富山県氷見市 高澤酒造〜明治10年創業、銘柄「曙」は日本海から昇る美しい日の出を想起し、縁起が良いと命名されました。定番酒は淡麗辛口で、地魚に合うように醸されています。料理の邪魔をせず、和食に最適な地酒の王道を行くスタイルでしょう。 この作品は金沢国税局の酒類鑑評会用に特別醸造する袋吊り大吟醸。  蔵の若き後継者であり、杜氏(とうじ)でもある高澤龍一さんの今後が非常に楽しみです。 ●曙・袋吊り純米大吟醸「青海白峰(うみのしらみね)」 よく出来た大吟醸は時にマスクメロンの香りを放つ…久しく出逢っていなかった懐かしい香り。 立ち香は仄かに白桃やバナナなどの香りも感じ取れ、アロマの主役は明らかに果実。 甘味は酸が律しているため最後の戻り香まで爽快な印象を残してくれます。 袋吊りは機械で搾る方式に比べ圧が加えられず、雑味が少なく香りも残しやすい。しかし少量しか採れないため、最高ランクの大吟醸で行われます。通常の何倍もの酒量が必要となる粕歩合の高い贅沢な酒… 料理と合わせるのさえ勿体無く感じますが、理屈抜きに愉しんでくださいね。命名は、発酵食品研究で知られる小泉武夫教授。日本酒好きなら知らない方はいないのでは。 高澤杜氏は東京農大のゼミで師事し、氏は蔵訪問の際、富山湾の彼方に雄々しく聳え立つ立山連峰に感動し一献の礼として青海白峰ネーミングを献上してくださいました。 この大吟醸。。。実はラベルに秘密が隠されています。 紐を解くと北アルプス立山連峰が現れるようになっておりプレゼントで頂いたお客様は驚かれるようです。2018年からは純米大吟醸と大吟醸の2種類が登場しました。赤い紐の純米大吟醸(金沢酵母)、青い紐の大吟醸(18号酵母) 前者は一言で例えるなら大和撫子で甘み控えめ。後者は今流行の18号酵母を使った香りを振りまくタイプ。 吉田店長は赤が大好きですが、皆さん是非とも飲み比べてください。生産量が極めて少ないため、縁のあるお客様だけに紹介したいと思っている大切な作品です。 〜赤紐バージョン=純米大吟醸(販売店限定)〜原料米:富山県産山田錦100% 精米歩合40% 原材料:山田錦(酒米)、米麹、 アルコール度数:17〜18度  適温5〜8度 やや辛口 〜青紐バージョン=大吟醸〜原料米:兵庫県産山田錦100% 精米歩合40% 原材料:山田錦(酒米)、米麹、醸造アルコールアルコール度数:17〜18度  適温5〜8度 やや辛口 ※ご注文の際、プルダウンメニューから種類と容量をお選びください。  曙「雄山錦・純米原酒」も美味しいですよ。http://www.yoshidawines.com/product/102

さらに詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter