旨い!ナパヴァレー・シェーファー・ヴィンヤーズ ヒルサイドセレクト2005年

旨い!ナパヴァレー・シェーファー・ヴィンヤーズ ヒルサイドセレクト2005年

販売価格: 38,000円(税別)

(税込: 41,800円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫わずか
オリジナルメッセージを刻印し、世界で1本しかない心のこもった生まれ年のワインをプレゼントしませんか?
ボトル刻印・木箱刻印のご注文はこちら
■オプション (任意):
木箱、化粧箱(任意) 写真はこちら
木箱 or 化粧箱 (任意):
ラッピング(任意) 写真はこちら
ラッピング (任意):
クール便(4月~10月は必須)
2種類以上の商品をご注文の際、クール便オプションは1点だけお選び下さい。詳しくはこちら
クール便 (任意):

販売価格: 38,000円(税別)

(税込: 41,800円)

数量:

商品詳細

現行は2009、2010など若いヴィンテージが流通していると思われますが
こちらは蔵出しバックヴィンテージの2005!
もう再入荷は一切ないと思われますのでお早めに。


現地を訪問してきました。自社ワインだけでなく他社のワインも含め、
地元のスタッグス・リープという土地を愛している姿勢が印象的でした。
ナパヴァレー訪問の際は是非お立ち寄りください。(予約必須です)

アメリカ カリフォルニア州 ナパヴァレー
●蔵出しシェーファー・ヴィンヤーズ・ヒルサイドセレクト2005年 限定品

ジョンが出版業界での23年のキャリアを辞め、ワイン業界で
第2の人生を築くためシカゴから家族とナパに移った1972年に始まります。

ナパヴァレーは全米でも5%しか生産されないプレミアムワインの産地。
南東に位置するスタッグスリープは、AVAの中でも冷涼で、
良いワインが生まれる条件である昼夜の温度差に恵まれています。

シェーファーは1978年に最初のカベルネを栽培し、
10年後の1998年にドイツでの国際品評会にて、ボルドー格付け1級
(Chマルゴー、Chラトゥール)などを押さえ1位を獲得しました。
2002年にはパーカー100点を獲得するなど世界中に名声は轟いています。

葡萄畑には巣箱やとまり木がしつらえてあり、
鷹や梟を呼び寄せて畑を荒らすモグラを退治。
畝の間にはマメ科の植物が植えられ、益虫を集めています。

ヒルサイドセレクトは自社畑から傾斜の強い斜面の
完熟葡萄を選んで醸造した同社最高峰の作品。

2005年産はカカオ、ヴァニラ、甘草、ハーブなどの香り。
味は重厚ながら、親しみやすく、脂の乗った肉料理なら何でも合うでしょう。

赤ワイン 品種:カベルネソーヴィニョン100% フルボディ 容量:750ml
定温輸入、定温定湿保管  正規輸入品


〜フランスワインVSナパヴァレー パリ対決(パリスの審判)〜
1976年パリでワインショップを営んでいたステファン・スパリエ
(アカデミー・デュ・ヴァン創始者)はナパヴァレーを旅して、
高品質である事に感動、銘柄名を隠して試飲会を企画しました。

カリフォルニアからCabernet SauvignonとChardonnay、
ボルドーから赤ワイン4種、ブルゴーニュから白ワイン4種を選び
フランスから9人の審査員(ワインのプロばかり。評論家、ソムリエ、
三つ星レストランなど)が良いと思うワインをブラインドで選び得点を与えたところ
1位は赤Stags Leap Wine Cellars、白はChateau Montelenaと
どちらもカリフォルニア産でした。

フランス人審判たちは、1位が米国産とは思っておらず
まだ若かったからカリフォルニアが飲みやすかったのだと反発し、
1986年にスパリエは2度めの品評会を催します。

リターンマッチ”と称された第二回パリ・テイスティングは前回同様、
審査員はフランス人ばかり。ところが1986年リターンマッチの結果(赤)は

一位:クロ・デュ・ヴァル1972(米)
二位:リッジ・モンテベッロ1971(米)
三位:シャトー・モンローズ1970(仏)
四位:レオヴィル・ラスカーズ1971(仏)
五位:ムートン・ロ-トシルト1970(仏)

ボルドー産は熟成にこそ真価があると意気込んでいたフランス陣営でしたが
自尊心の強いフランス人も返す言葉がありません。

2006年には欧米の評論家を集め、3度目の対決が行われます。
今度はワイン評論家が中心でした。結果は1〜5位までをアメリカが独占。
最後は有無をも言わせぬ完勝でした。

〜2006年の結果〜
一位 : リッジ・モンテベッロ1971
二位 : スタッグス・リープ・ワインセラーズ1973
三〜四位 : マヤカマス 1971、ハイツ・マーサズ・ヴィンヤード 1970(同点)
五位 : クロ・デュ・ヴァル
六位 : シャトー・ムートン・ロートシルト 1970
七位 : シャトー・モンローズ 1970
八位 : シャトー・オーブリオン 1970
九位 : シャトー・レオヴィル・ラスカーズ  1971

この対決が全てとは思いませんが、カベルネソーヴィニョンの熟成能力でも
フランスの一級品に負けていない事を証明したのではないでしょうか。
(しかしナパヴァレーの古酒は入手困難です)

この試飲会はパリ・テイスティングあるいはパリスの審判として
世界中に報道され、地球上のワイナリーを勇気付けました。
「ボトル・ドリーム」という映画にもなっています。

※ヨーロッパはワインの歴史、テロワール、生産者の情熱、
多様性において群を抜いてますが、欧州だけでなく
オレゴン、ワシントンなどを含むアメリカやオーストラリア、
ニュージーランド、チリ、南アフリカなども既に200年以上の歴史があり、
尊敬すべき作品がある事実を知っていただきたく願います。

さらに詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter