ベルギービール シント・ベルナルデュス ホワイト

ベルギービール シント・ベルナルデュス ホワイト

クール便(冷蔵)代が必要になります。

再入荷はお問合せください

商品詳細

ピエール・セリス氏はミラーやハイネケンによる買収を経験し、 波乱の人生を送ります。そして諦められず渡米し、ミシガン・ブルーイングや ベルギーのヴァン・ステーンベルヘ (Van Steenberge)醸造所でビール造りを再開しました。そしてピエールセリスが「セリスホワイト」に続き、性格の異なるタイプの ホワイトビールを2004年にシント・ベルナルデュス醸造所と共同で 全く新しいウィットビアを開発しました。 ベルギー・西フランドル州 シント・ベルナルデュス(St. Bernardus)醸造所 ●シント・ベルナルデュス ヴィットビア  St. Bernardus Witbier  これがセリス氏の作りたかった本物のホワイト・ビールなのか… フレッシュな香り高い濃密なバター… 南国の完熟バナナ… 香り、ボディ、どれをとっても最高。 気さくにアプローチしながら…寛大で奥深い魅力。 「これがホワイトビールだよ、どうだ…美味しいかい?」 ビールが語り掛けて来る。 セリス・ホワイトは爽やかな酸味を身上とするものですが、 この作品はコクがあり、比較的他のホワイトより酸を感じません。ホワイトビールの最終章ともいえる感動の作品。 原材料:大麦・小麦・ホップ・コリアンダー・オレンジピール 適温:5度 330ml アルコール5.5% リーファーコンテナ(定温輸入)品 税込¥598 注:裏ラベルは「麦芽・ホップ・小麦・糖類」となってますが 誤記ではないかと推測されます。  〜シント・ベルナルデュス(St. Bernardus)醸造所〜 1946年創業。第二次大戦後、 トラピストビール「ウェストフレテレン(Westvleteren )」を 「シント・シクステュス」の名で1992年までライセンス生産していましたが、 トラピストの定義が「修道士により醸造されていること」など厳格化され 生産は中止されました。 1992年以降はパター6、プリオール8、アプト12の名で売り出され、 現在に至っています。裏のウェストフレテレンともいわれます。http://www.sintbernardus.be/en/beers.html ヴァン・ステーンベルヘ  セリス・ホワイト Celis White http://www.yoshidawines.com/product/68 インベヴ   ヒューガルデン・ホワイト  Hoegaarden Witbier http://www.yoshidawines.com/product/134

さらに詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter