沖縄 オリオンビール 350ml缶(アサヒビール製造) 地ビール!?

沖縄 オリオンビール 350ml缶(アサヒビール製造) 地ビール!?
再入荷はお問合せください

商品詳細

沖縄といえば皆さんは何を思い浮かべますか?

ゴーヤー、豚肉、ソーキそば、マンゴー、
シークァーサー、さとうきび、島らっきょ、海ぶどう
碧い海、ダイビング、パームトゥリー、島唄…

私はオリオンビール、泡盛、豆腐ようなど…(笑

沖縄県 浦添市
●オリオンビール株式会社
2007年に創立50周年を迎えたオリオン・ビールは沖縄権の産業発展のために設立されました。
本社は浦添、工場は名護市に位置し生粋の地ビールのようですが、大手の範疇に入っています。
その5社に限ればシェアは僅か0.9%ですが、地元沖縄県では55〜56%。
沖縄では殆どのイヴェントに協賛し、文化的役割を果たしています。
なお、株式は非上場ですが理由は推測が付くでしょうか…。

オリオンという名前は、50年前の昭和32年に新聞に懸賞付きで公募しました。
1等賞金は当時としては破格のB軍票1万円(83ドル40セント)、

「オリオン」が1位に選ばれた理由は下記の通り。
・南の星座であり沖縄のイメージに合う・星は人々の夢やあこがれを象徴する
・当時の沖縄を統治した米軍最高司令官の象徴が「スリースター」だった

今回は味については言及しません。スッキリ、サッパリ、キレ、喉越し。

このビールは飲んで愉しくなれたらいいのです。
ジャケ買いする方も多いのではないでしょうか(笑

原材料:麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ
スタイル:ジャパニーズ・ライス・ラガー
アルコール5% 

沖縄以外で流通するオリオンビールは、通常はアサヒビールが製造したものとなります。
こちらの商品も、アサヒビール製造のものです。

〜オリオンビール概略〜

昭和32年 名護に工場建設開始、翌年竣工
昭和34年 製造開始 社名を「沖縄ビール」より「オリオンビール」に変更
昭和36年 米軍基地内へ初出荷
昭和47年 沖縄が日本復帰
昭和48年 缶入ビール発売
平成2年 首都圏で缶ビール販売開始
平成9年 台湾向け樽生出荷開始
平成14年 アサヒビールと業務提携し、本土での販売はアサヒが担当する。
(アサヒビールは主要株主(10%保有))
平成15年 5月沖縄県内に流通するアサヒビールのライセンス製造開始
平成19年 韓国へ初出荷

http://www.orionbeer.co.jp/top.html

さらに詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter